名古屋ジャズ・セレクトショップ・サイバーシーカーズ / ジャズ&フュージョン最新入荷 パート2

ご注文前にココをクリックして「ご注文方法」をご確認して下さい。

ジャケット写真をクリックで詳細ページが開きます。

最新入荷タイトル パート 2

ザ・ビリー・コブハム&ジョージ・デューク・バンド / ニューヨーク 1976(1CDR+1DVDR)

ホフストラ大学でのライブ13曲を放送音源より驚きのクリアー音質で収録し、更にディスク2には同年のモントルー・ジャズに出演したライブ映像を高画質で収録したDVDが付いたスペシャル・アイテムです。


ジョン・マクラフリン&ジョナス・ヘルボーグ / ハンブルグ 1987(2CDR)

マハビシュヌ・メンバーである盟友、ジョナス・ヘルボーグとのデュオで行ったライブの模様を放送音源よりオフィシャル・クオリティーで収録した初の2枚組ライブです。


ホレス・シルバー・クインテット / ロンドン 1966(1CDR)

アルバム「ザ・ケープ・ヴァーディーン・ブルース」、そして「ザ・ジョディ・グラインド」と会心作を立て続けにリリースした1966年の初登場となるライブが放送音源よりリリースされました。


ビル・エヴァンス・トリオ / グリネル・カレッジ 1977(1CDR)

エディ・ゴメスがトリオから脱退しチャック・イスラエルがベースとして参加した1977年のリユニオン・ツアーからアイオワ州、グリネルのグリネル大学でのライブを発掘されたサウンドボード音源より収録したマニア垂涎のライブです。


マイク・スターン / ジェフ・ローバー・フュージョン / ミンデン 2019(2CDR)

最新アルバム「イレブン」のリリース後にスタートしたヨーロッパ・ツアーから11月19日にドイツ、ミンデンのジャズクラブに出演したライブの模様をデジタル・オーディエンス録音された美音マスターより会場の盛り上がった空気感までをも感じ取れる最新ライブです。


ジョン・テイラー・トリオ / ハンブルグ 2011(1CDR)

鮮烈な繊細さでピュアなジャズの真髄を伝える詩情溢れる英国ジャズの至宝ピアニストであるジョン・テイラーが2011年にクラシック・ファンには有名なロルフ・リーバーマン・スタジオで行ったライブを放送音源より収録。


ザ・クルセイダーズ / ノース・シー 1987(1CDR)

オリジナル・メンバーのジョー・サンプルとウィルトン・フェルダーに加え、ゲスト・プレイヤーに人気ギタリスト、デヴィッド・T・ウォーカー等を迎えて行ったヨーロッパ・ツアーからのライブを放送音源より録音した垂涎盤です。


クリス・ポッター・サーキット / ヴォールト・ジャズ 2019(1CDR)

注目のアルバム「サーキット」のお披露目ツアーから3月にフランスで開催されたヴォールト・ジャズフェスティバルにアルバムとは異なったメンバーで出演したライブCDのリマスター盤がリリースされました。


ペレス、コーエン、ポッター・クインテット / シュトゥットガルト 2019(1CDR)

ヨーロッパでセンショーショナルなデビューで話題となった超豪華メンバーで結成されたクインテットのライブが早くの登場しました。ダニーロ・ペレス、クリス・ポッター、アヴィシャイ・コーエン、そしてベースにはラリー・グレナディア、ドラムにはジョナサン・ブレイク!


マイルス・デイビス / アトランタ 1983(1CDR)

1983年のワールド・ツアーから、テナーにブランフォード・マルサリスが参加したアトランタ、シビック・センターでのライブを放送音源より収録したマニア垂涎となる初音源がリリースされました。


マイルス・デイビス / オスロ 1987 完全版(3CDR)

1987年、秋からスタートしたヨーロッパ・ツアーから10月27日のノルウェー、オスロ公演が初めてその全曲を放送されたサウンドボード音源で収録した感激の3枚組がリリースされました。


スティーブ・ガッド・バンド / サン・ハビエル 2019(1CDR)

デビッド・スピノザがギターとして新メンバーとし加わった2019年ヨーロッパ・ツアーからスペインで開催されているサン・ハビエル・ジャズフェスティバルに出演したライブが登場しました。既発盤となセットリストも大きく異なっています。


ジョン・マクラフリン & ザ・フォース・デメンション / ミラノ 2019(2CDR)

2019ライブ・ツアーからその最終日となった11月2日にミラノ音楽院に出演したライブの模様をマニアによるデジタルHD録音されたマスター音源よりダイレクトに収録した注目の最新ライブがリリースされました。


スティーリー・ダン / スウィート・ツアー 2019(4CDR)

スティーリー・ダンの北米ツアーより11月2日コネチカット州アンカースヴィル公演と10月30日マサチューセッツ州ボストン公演を2公演カップリングした4枚組が登場!共に高音質オーディエンス録音マスターからの完全収録で、セットリストが異なっているのも注目です。


キース・ジャレット・トリオ / ロッテルダム 2013(2CDR)

ジャズ史上最高、そして伝説のトリオであるキースジャレット、ゲイリーピーコック、ジャックデジョネットのトリオ結成30周年記念としての2013年ワールド・ツアーから、ロッテルダムのデ・ドーレンでの特別ライブが急遽入荷!!


ブラット・メルドー・トリオ / ディフィニティブ・フォーラム 2019(2CDR)

2019年の来日公演より3回ものアンコールとなった6月1日、国際フォーラムでのがアップグレードされた別マスター音源から極上レベルとなるオーディエン録音で収録したファン衝撃の決定版が登場しました。


キース・ジャレット・トリオ / ディフィニティブ・ハンブルグ 1989(2CDR)

1989年のワールド・ツアーから「ベスト・パフォーマンス」と言われた非公式盤「スタンダード・アット・ムジークハレ」が再放送された超クリアーなデジタル音源よりブラッシュ・アップされ「K プロジェクト」より登場しました。


ジャック・デジョネット・スペシャル・エディション / ジャズ・シティー 1980(1CDR)

1980年のカナダで開催されたジャズ・フェスティバルでのライブに出演したライブがラジオ放送された音源から収録した垂涎の発掘音源が登場しました。


ビル・エヴァンス・トリオ / パリ 1976 完全版(1CDR)

1976年11月5日、「ザ・パリ・コンサート」の全曲盤が過去、動画サイト等で出回っていた音源とは異なり、今年2019年に再放送された音源よりオフィシャル級のクオリティーで収録したファン感激のアイテムです。


ザ・ジャイアント・オブ・ジャズ / オリンピア 1972(2CDR)

ジャズ・プロモーター、プロデューサーとして数々の舞台を創り上げるジョージ・ウェインによって企画された「ジャイアント・オブ・ジャズ」の1972年ヨーロッパ・ツアー」からパリ、オリンピア劇場におけるライブを放送音源より初めて全曲を収録した2枚組が登場しました。


ブラッド・メルドー・トリオ / タリン 2003(1CDR)

アルバム「エニシング・ゴーズ」のリリースを記念し北欧、バルト3国にひとつであるエストニア、タリンで行われたスオエシャル・ライブの模様をFM音源より最高級の音質で収録したファン必聴盤です。


チック・コリア・トリオ / アンダー・ザ・スカイ 1983(1CDR)

1983年、東京で開催され今や伝説とやっている野外フェスティバル「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」に登場した彼らトリオのライブを秘蔵音源より現行最高級のクオリティーで収録したファン垂涎盤が登場しました。


チャールズ・ロイド・カルテット / ヨーロッパ 1967(2CDR)

1967年6月11日、オフィシャルでは未発表となっているフランス、パリ公演をラジオ放送音源より収録したマニア垂涎となるライブ2枚組がお求め易い価格で入荷。キース・ジャレットのハートあるピアノは必聴です。


アート・アンサンブル・オブ・シカゴ / 横浜 1984完全版(2CDR)

1984年4月、10年ぶりとなる2度目の来日公演より初登場となる横浜公演を発掘されたサウンドボード音源で収録したライブが、冒頭の司会から幕を開ける圧巻のステージを全曲収録した衝撃の完全版がリリースされました。


ウッディ・ショウ / キーストン・コーナー 1980 (3CDR)

メガ・ディスクより発掘ライブ・シリーズ第5弾となる本作品は1980年にサンフランシスコ、ジャズの殿堂「キーストーン・コーナー」にて3時間を超えて行われた驚愕のライブ・ステージの模様を放送音源より収録した3枚組となります。


チック・コリア・トリロジー / アーバナ 2019(2CDR)

2019年、最新のアメリカン・ツアーから10月に行われたイリノイ、アーバナ公演の模様をデジタル・オーディエンス音源よりライブ全曲を完全収録したファン必聴の高音質盤が早くもリリースされました。


パット・メセニー / プレイ・アローン・ウィズ・ギター(1CDR)

2001年、イタリア観光地でもあるサンタンナ・アッレージでアコーステック・ギター1本だけで奏でられた貴重なライブがマスター音源より収録したファン驚きにとなる必聴ライブが初CD化となり入荷しました。


スティーブ・レイシー&マル・ウォルドロン / アーヘン 1990 (1CDR)

ふたりによる黄金のコンビが残した唯一無二のライブから、1990年にドイツ、アーヘンでの未発表共演ライブの模様を放送音源よりファン感激となる高音質で収録した垂涎のアイテムが登場しました。


デビッド・サンボーン&ボブ・ジェームズ / モントレー 2013(1CDR)

ふたりをメインとし、スティーブ・ガッド、ジェームズ・ジナスのリズム隊を伴って登場したアメリカで開催されているモントレー・ジャズにおけるライブを放送音源より収録したファン垂涎盤が登場しました。


ウェイン・ショーター / ノース・シー 1996(1CDR)

オーストリアで開催されたジャズ・サマー・グラーツ・フェスティバルにふたりだけのデュオで出演したレアーなライブの模様を放送音源より録音した音源を用いて記録したピアノ・ファン垂涎盤がリリースされました。


ソニー・ロリンズ / ラーレン・ジャズ 1977(1CDR)

1977年、オランダで開催されたラレーン・ジャズフェスティバルに登場し喝采を浴びた素晴らしいライブの模様を現地の放送音源より初めてCD化され入荷しました。


チック・コリア&ステファノ・ボラーニ / ヴェローナ 2010(2CDR)

稀代のピアニストふたりによる見事なまでに美しい即興演奏を1時間30分最高級の音質で収録したピアノ・ファンには聴き逃がせない名音源盤が登場しました。


パット・メセニー・グループ / ヴァレンタイン・デイズ(3CDR)

2月14日のヴァレンタインデーにパリで3時間を超えて行われたライブの模様を大変貴重な全曲収録盤3枚組として初めてリリースされたファン垂涎となる完全版が登場しました。


ケニー・バロン&マルグリュー・ミラー / グラーツ 2001(2CDR)

オーストリアで開催されたジャズ・サマー・グラーツ・フェスティバルにふたりだけのデュオで出演したレアーなライブの模様を放送音源より記録したピアノ・ファン垂涎盤がリリースされました。セットリストにも注目です!!


ハービー・ハンコック・グループ / ザ・メッツ 2019(3CDR)

オープニング・アクトに新世代ジャズ勃興を象徴するカマシ・ワシントン・グループのライブ、更にハービー・ハンコック・グループの最新ライブをも全曲記録した圧巻の3枚組が登場しました。


パット・メセニー・サイド・アイ / エルノラ・ギター・フェスティバル 2019(2CDR)

マーカス・ギルモアが参加してシカゴ郊外で行われたフェスティバルに出演した最新ライブの模様をデジタル録音されたオーディエンス音源より記録した話題の最新ライブが早くも登場!


ジャズ・クルセダーズ / オークランド 2010(2CDR)

ライブ・ハウスとして有名なオークランド、ヨッシーズに出演したリユニオン・ライブの模様をアンビリーバブルな悶絶オーディエンス・マスター音源より記録した最高のライブが登場しました。


チャールズ・ロイド & ボボ・ステンソン / ザ・デュオ(1CDR)

北欧の美的空間を最大限に表現したデュオ・スタイルで出演したジャズ・フェスティバルでのライブを放送音源よりオフィシャル級クオリティーで収録したファン垂涎となる必聴ライブが登場しました。


ラリー・カールトン / チェスナット・キャバレー 1990(1CDR)

フィラデルフィアの人気クラブである「チェスナット・キャバレー」に出演したライブ・ステージの模様を発掘されたFM放送音源より素晴らしい音質で収録したファン必聴盤がリリースされました。ラストはスティーリー・ダンの名曲です!


セロニアス・モンク / コペンハーゲン 1964(2CDR)

1964年2月のコペンハーゲン、チボリ公演の模様をマニアによって発掘された放送音源よりCD化となりその全容が明らかになっ名作が再入荷しました。


ボブ・ジャームズ、デビッド・サンボーン、マーカス・ミラー
ダブル・ヴィジョン・リビジテッド / ダラス 2019
(2CDR)

最新ツアーからテキサス、ダラス公演の模様を臨場感ある驚愕のハイ・クオイティーのデジタル・オーディエンス音源より当日のライブ全11曲を収録した至宝のライブが緊急リリースされました。


ジョン・スコフィールド・トリオ / ニューポート 1993(1CDR)

ブルーノート・レーベルからリリースされたアルバム「ホワット・ウイ・ドゥ」リリース後、伝統あるニューポート・ジャズフェスティバルに出演したライブを放送音源より別格な最高音質で収録したタイトルがリリースされました。


ジャコ・パストリアス / デフィニティブ・スタッチズ 1986(2CDR)

1986年5月23日、オハイオ・コロンバスのライブハウス「スタッチーズ」に出演したライブを関係者のみが所有していたマスター級ステレオ・サウンドボード音源をダイレクトに記録した驚愕音源の決定版がリリースされました。


チャールズ・ロイド / ジャズ・ミデルハイム 2019(2CDR)

新プロジェクト「キンドレッド・スピリッツ」を率いて8月16日のジャズ・ミデルハイム 2019に登場したファン注目のライブを放送音源より最高級の音質で収録しています。


ミロスラフ・ヴィトウス・カルテット / デュッセルドルフ 1980(1CDR)

ケニー・カークランド、ジョン・サーマンを伴って行われた1980年のヨーロッパ・ツアーから2月4日のデュッセルドルフ、ロバート・シューマン・ホールでのライブを発掘された放送音源から収録された初登場音源がリリースされました。


リー・コニッツ / チャーリー・ヘイデン / ブラッド・メルドー(1CDR)

1988年、カナダ、モントリオール・ジャズ祭に出演し喝采を浴びた三人にレアーなライブをラジオ放送された音源から収録した感激のライブが再入荷しました。


マイルス・デイビス / サヴォイ 1981(2CDR)

1981年8月から始まったカンバック・ワールド・ツアー直前にニューヨーク、音楽の殿堂サヴォイ・シアターで急遽行われたシークレット・ギグを関係者しか聴く事が許されなかったA級サウンドボード音源で収録したてます。


ソニー・ロリンズ / パリ 1982(2CDR)

プラターズで有名な「煙が目にしみる」が演奏されており中盤からロリンズのテナー1本でのソロ・パートが聴きモノとなっています。プラターズで有名な「煙が目にしみる」が演奏されており中盤からロリンズのテナー1本でのソロ・パートが聴きモノとなっています。実力派バック・メンバーの演奏とロリンズの「歌」を存分にご堪能頂ける最高のライブです。


ブリッチャー、ハマー、ガッド / ファーイースト 2018(2CDR)

スティーヴ・ガッドがサックス奏者のミカエル・ブリッチャーとハモンドオルガン奏者のダン・ヘマーを加えたトリオによる2018年東京公演を第1部、第2部と全曲収録した必聴盤となります。


キース・ジャレット / バークレー 1977(2CDR)

1977年、ヨーロピアン・カルテットでのライブ・ツアーから11月15日にバークレー・コミニティー・シアターで行われたライブをマニア自ら録音したマスター音源からCD化された垂涎のアイテムが登場しました。


キース・ジャレット / ジェノヴァ 1996(2CDR)

僅か4回しか行われずマニアから音源発掘が急務だった1996年、ピアノ1台でのソロ・ライブからイタリア、カルロ・フェリーチェ劇場でのライブが初めて登場しました。


ハービー・ハンコック・カルテット / ジャズ・ジャンボリー 1983(1CDR)

1969年代より毎年ワルシャワで開催されているジャズ・ジャンボリー・フェスティバルのライブ・ アーカイブスから今回はハービー・ハンコック・カルテットが出演したライブの実況録音盤が登場しま した。


マーク・ヴァン・ローン・トリオ / ハーグ 1995(1CDR)

ヨーロピアン・ジャズ・トリオで有名なオランダの人気ピアニスト、マーク・ヴァン・ローンが自らのトリオを率いて更にデイブ・リーブマンをフィーチャーした最高のライブが最高の音質で登場しました。


ウェイン・ショーター / ポートランド 1987(1CDR)

ポートランドの有名クラブ「キー・ラーゴ」に出演した貴重なライブ・ステージの模様を放送音源から劣化なしのマスター音源から高音質で収録したファン垂涎となるライブが登場しました。


ウェイン・ショーター・カルテット / アット・ペルージア(2CDR)

ウェイン・ショーターが率いる「至高のカルテット」が2002年にイタリア、ペルージアで行ったライブの模様を現地でFM放送されたライブ音源を初めて収録したファン必聴となる2枚組がリリースされました。特典盤付きです。


パット・メセニー・トリオ / ライルズ・ジャズ・クラブ 1982(2CDR)

有名ジャズ・クラブ「ライルズ・ジャズ・クラブ」に出演したライブの模様をディスク1にファースト・セットの1時間19分、ディスク2にセカンド・セットの1時間10分をマニア秘蔵オーディエンス音源から全曲収録したファン衝撃のライブ音源が遂に登場しました。特典盤付きです。


ホランド、フセイン、ポッター・トリオ / サン・セバスチャン 2018(1CDR)

稀代のベーシスト、デイブ・ホランドとタブラ奏者の巨匠アラ・ラーカの息子でありジョン・マクラフリンにマイケル・ブレッカー以降のテナーサックス奏者として高い評価を受けているクリス・ポッターが加わったトリオでの最新ライブが放送音源からリリースされました。


チック・コリア・トリオ / ヴィレッジ・ヴァンガード 1987(1CDR)

ニューヨークの名門ジャズクラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードに登場したライブの模様を当時ラジオ放送されたライブをサウンドボード音源で収録したファン必聴、必携となる極上盤が登場しました。


チック・コリア / ロンドン 2004(2CDR)

ロンドン、バービカン・ホールで、ライブ前半と後半と異なったバンドで出演したライブの模様をギリス国営放送BBCで放送されたライブ音源から高音質で収録したファン垂涎となるライブ2枚組が登場しました。


マイルス・デイビス / ヴィレッジ・ゲイト 1969(1CD)

ジャズ史において数多くの名ライブが録音されたニューヨーク、ジャズの殿堂「ヴィレッジ・ゲイト・クラブ」で行われた歴史的ライブを発掘された奇跡のオーディエンス音源からマスター級音質でリリースされました。


マイルス・デイビス / ベオグラード 1973(1CD)

マイルス・マニアに人気の高い1973年ヨーロッパ・ツアーから11月7日セルビア(旧ユーゴスラビア)、ベオグラードの貿易連合ホールで行われたライブを放送前のプレFMマスター音源から正にオフィシャル級クオリティーで登場しました。


マーカス・ミラー / アイル・ビー・ゼア(2CDR)

フランスで開催されているジャズ・フェスティバル「ジャズ・イン。マルシアック」に出演したライブの模様をFM放送されたサウンドボード音源から納得の高音質で収録した必聴最新ライブ盤が登場しました。


チック・コリア・トリオ / マルシアック 2018(1CDR)

フランスで開催されているジャズ・フェスティバル「ジャズ・イン。マルシアック」にトリオで出演したライブの模様を現地でFM放送されたライブ音源から最高級の音質で収録したファン必聴盤が登場しました。


ケニー・バロン / マルシアック 2108(1CDR)

2管を加えたクインテットで出演したマルシアック・ジャズフェスティバルでのライブを現地でFM放送されたライブ音源から納得の音質で収録したピアノ・ファン垂涎盤がリリースされました。




お問い合わせ