ご注文前にココをクリックして「ご注文方法」をご確認して下さい。

ジャケット写真をクリックで詳細ページが開きます。

最新入荷タイトル パート 2

ウェイン・ショーター / ニューヨーク・ナイツ(6CDR)

2015年5月、ウィントン・マルサリス率いるビッグバンドとウェイン・ショーターとが3日間連続して競演したライブをオフィシャル級音質で収録した圧巻の6枚組です。


キース・ジャレット・トリオ / ナンシー(1CDR)

ジャズ・スタンダードの名曲「ナンシー」のライブを聴くことが出来る1985年ライブが放送音源で入荷しました。この1曲だけでも購入の価値はあります。


キース・ジャレット・トリオ / ローマ 1995(2CDR)

1995年2月から始まったワールド・ツアーから6月28日のイタリア、ローマ公演をマニア音源で収録した逸品です。


マクラフリン、コリエル&ルシア / グラーツ 1979(2CDR)

1979年、スーパー・ギター・トリオでの伝説となったヨーロッパ・ツアーからオーストリア、グラーツで行われたライブを聴いた誰もが驚嘆する驚異のスーパー・オーディエンス録音のマスター音源が発掘され、その音源を初めて収録したアイテムがリリースされました。


チック・コリア・トリオ / ジェノヴァ 1983(2CDR)

ECMレーベルからリリースし代表作となったアルバム「トリオ・ミュージック」のリリースに伴い短期間行われたライブから全11曲を収録したイタリア、ジェノヴァ公演がリリースされました。


キャノンボール・アダレイ / ボルドー 1969(2CDR)

オフィシャル盤で7曲しか収録されていなかった1969年のフランス、ボルドー公演ですが、2018年末にフランスで全13曲が再放送され、その音源をディスク2枚に収録したクインテットを代表するであろうアルバムがリリースされました。


パット・メセニー・グループ / ポーツマス 2018(2CDR)

野外音楽ホールで行われたライブをマニアがHD録音した驚きのクリアーなオーディエンス音源をダイレクトに収録した2018年ツアー中、ベスト・クオリティーとなるアイテムがリリースされました。


パット・メセニー・トリオ / ライルズ・ジャズ・クラブ 1982(2CDR)

有名ジャズ・クラブ「ライルズ・ジャズ・クラブ」に出演したライブの模様をディスク1にファースト・セットの1時間19分、ディスク2にセカンド・セットの1時間10分をマニア秘蔵オーディエンス音源から全曲収録したファン衝撃のライブ音源が遂に登場しました。特典盤付きです。


キャンディ・ダルファー / エスティバル・ナイト(2CDR+1DVDR)

2014年、スイスで行われたライブの模様を現地でFM放送されたライブを最高音質でディスク2枚に収録し、更にディスク3には2017年、地元アムステルダムのパラディソで行われたライブをマニアがHD録画したDVDまでもが付いた3枚組がリリースされました。


セロニアス・モンク / コペンハーゲン 1966(3CDR)

1966年、オフィシャル盤では僅か3曲しか聴くことが出来なかった4月17日にコペンハーゲン、チボリ・コンサートホールでのライブを全7曲放送音源からディスク2枚に、そしてその翌年1967年に豪華メンバーが参加したステージをも収録した3枚組です。


カマシ・ワシントン / ディールスバッハ 2018 (2CDR)

2018年、アルバム「ヘブン&アース」が非常に大きな話題となりジャズ系ウェブ・サイトで絶賛された新世代ジャズ黄金期の象徴、カマシ・ワシントンの珠玉のライブ・ステージを放送音源から高音質で収録した2枚組ライブが入荷しました。


ジュリアン・ラージ・トリオ / マルシアック 2018(1CDR)

ジャズ・ギターの新時代を牽引するギタリスト、ジュリアン・ラージがヨーロッパで開催されたジャズ・フェスティバルに出演したライブを放送音源からダイレクトに収録したファン必聴となるライブCDがリリースされました。


チャーリー・ワッツ・オーケストラ / ベルリン 1986 (1CDR)

ザ・ローリング・ストーンズのドラマー、そしてジャズ通としても知られるチャーリー・ワッツがビッグバンド・オーケストラを率いて出演したジャズフェスでのライブが初CD化!!


ローランド・カーク / デフィニティブ・パリ 1976 (2CDR)

1976年、パリのスタジオ104で行われたスペシャル・ライブの模様を6曲だけの既発盤と大きく異なり全17曲を1時間45分にわたり最高のクオリティーで収録したファン垂涎となる初の2枚組が登場しました。


キャンディ・ダルファー / サウンド&ヴィジョン 2018 (1CDR+1DVDR)

2018年6月にドイツのバルチカでのライブCDと、10月にニュー・パワー・ジェネレーションのメンバーでもあった歌姫ローズ・アン・ディマランタ率いるRAD・トリオと共演となったスイスでのライブDVDとをカップリングした感激のタイトルが登場しました。


スティーブ・ガッド・バンド / 東京 2018(2CDR)

2018年9月の来日公演からその最終日となった9日の東京公演から第1部、第2部とをそれぞれをディスク2枚に全曲高音質で収録したファン垂涎となる完全版が登場しました。


ヤン・ガルバレク / フランクフルト 1972(1CDR)

1972年、ヤン・バルバレク・トリオにチック・コリア等の豪華ゲストを加えて行った貴重なライブがマニアによって発掘された放送音源から経年劣化を感じさせない最高の音質で収録した驚きのアイテムが登場しました。


セロニアス・モンク / パリ 1966(2CDR)

1966年、レギュラー・カルテットを率いて行われたヨーロッパ・ツアーから3月20日にパリのスタジオ104で行われたスペシャル・ライブが今年になりオリジナル・マスターから再放送されその音源からデジタル・クオリティーで完璧に収録したライブ2枚組となります。


ジョン・スコフィールド / ベルリン 1977(1CDR)

1977年、初リーダー作「エースト・ミーツ・ウエスト」リリース後、ヨーロッパでのツアーからドイツ、ベルリンで行われたライブをデジタル音源からオフィシャル級のクオリティーで収録したファン必聴となるタイトルが登場しました。


キース・ジャレット / バット・ビューティフル(2CDR)

僅か3回しか行われなかった2004年の貴重なソロ・ライブから11月14日のオーストリア、ウィーン公演が今回マニア所有マスターから初CD化され登場しました。タイトル曲はビル・エヴァンスで知られる名曲です。


キース・ジャレット・トリオ / バーデン・バーデン 2012(2CDR)

7月10日にドイツ、バー デン・バーデン祝祭劇場で行われたスタンダード・トリオのライブをマニア秘蔵音源か らジャズの名曲を収録したファン垂涎盤が登場しました。


ジャコ・パストリアス ワード・オブ・マウス・ビッグ・バンド / フォートローダーデール 1982(2CDR)

オフィシャル・ライブ「バースデイ・コンサート」が録音されたことで知られるジャコの地元であるフロリダ、フォートローダーデールのクラブ「ミスター・ピップス」でのライブが初めて登場しました。


マル・フォルドロン・クインテット / アントワープ 1977(1CDR)

短期間ながら行われたヨーロッパ・ツアーから8月のベルギー、アントワープ公演をFM放送でオンエアーされたライブ音源から高音質で収録された逸品です。


ハービー・ハンコック&ニュー・ヘッドハンターズ / ミュンヘン 1989(1CDR)

短命に終わってしまった新ヘッドハンターズを率いてのヨーロッパ・ツアーから7月にドイツ、ミュンヘン公演の模様を放送から驚きの最高音質で収録したファンキーなライブがリリースされました。


ポール・ブレイ・トリオ / エッセン 1999(1CDR)

1990年、盟友のふたりを伴ってドイツ、エッセンで行ったライブの模様を放送音源から劣化無しのクオリティーで収録したマストなタイトルです。


ウェザー・リポート / ボストン 1973(1CDR)

ボストンの有名ジャズ・クラブ「ジャズ・ワークショップ」に登場したライブの模様を関係者より流出したサウンドボード音源で初めて収録したファン衝撃音源がリリースされました。


ハイラム・ブロック / チェスナット・キャバレー 1988 (2CDR)

人気クラブ「チェスナット・キャバレー 」に出演したライブをFM放送ライブから聴いた誰もが納得する素晴らしい音質で収録したファン必聴盤が登場しました。


キース・ジャレット・トリオ / ペララーダ 2003 (2CDR)

2003年、ヨーロッパと北米だけに限定で行われたツアーから7月20日にスペインで行われたペララーダ城音楽祭に出演した貴重なライブの模様が完全収録として登場しました。


キース・ジャレット / ミュンヘン 1992(2CDR)

キースの感性の赴くままに演奏が展開されてたドイツ、ミュンヘンでのライブをマニア秘蔵のデジタルHDオーディエンス音源を収録したファン必聴のマスト・アイテムです。


ギル・エヴァンス・オーケストラ / イタリア 1981(1CDR)

イタリアで開催されたジャズ・フェスティバルに出演した模様を現地でFM放送されたライブを初めて収録。ステーブ・グロスマン、スティーブ・レイシーが参加しています。


チャーリー・ヘイデン・カルテット・ウエスト / ニース 1988(2CDR)

イタリアで開催されているジャズ・フェスティバルに出演したライブの模様をディスク2枚にFM放送されたライブを1時間43分オフィシャル級音質で収録したジャズ・ファン感動のライブです。


チック・コリア&オリジン / ロンドン 1998(1CDR)

1988年、ロンドンのバービカンで行われたライブをイギリス国営放送でオンエアーされた音源からオフィシャル級クオリティーで収録したファン待望のタイトルが登場しました。


ジョン・マクラフリン / フランクフルト 1979(2CDR)

1979年、ジョン・マクラフリンのデビュー25周年を記念して短期間だけ結成されたスーパー・クアルテットの貴重なライブからフランクフルト公演が最良マスターから登場しました。


パット・メセニー / ペスカラ 2018(2CDR)

イタリアで開催されたペスカラ・ジャズフェスティバルに出演したライブを最前列近くのベスト・ポジションで録音したメセニー・カルテットの最新ライブが登場しました。


シダー・ウォルトン・カルテット / オスロ 1975(1CDR+1DVDR)

1975年、ムンク劇場で行われたワン・ホーンカルテットで出演したTV用特別ライブの模様を再放送された美マスターからを初めて収録したモダン・ジャズ・ファン感激となるお宝ライブが登場しました。


ジェームズ・ファーム / ニームス 2018(1CDR+1DVDR))

ライブ活動を再開した彼らが今年、フランスで開催されたジャズ・フェスティバルに出演したライブをデジタル放送より驚愕のクオリティーで収録した実力派4人のライブです。


ローランド・カーク / ヴィレッジ・バンガード 1974(2CDR)

1972年のボストンから2年後となる1974年に、ニューヨークの有名クラブ「ヴィレッジ・バンガード」に出演した歴史的なライブがマニア所有の未発表音源からリリースされました。


ミロスラフ・ヴィトウス・カルテット / デュッセルドルフ 1980(1CDR)

ケニー・カークランド、ジョン・サーマンを伴って行われた1980年のヨーロッパ・ツアーから2月4日のデュッセルドルフ、ロバート・シューマン・ホールでのライブを発掘された放送音源から収録された初登場音源がリリースされました。


リー・コニッツ / チャーリー・ヘイデン / ブラッド・メルドー(1CDR)

1988年、カナダ、モントリオール・ジャズ祭に出演し喝采を浴びた三人にレアーなライブをラジオ放送された音源から収録した感激のライブが再入荷しました。


マイルス・デイビス / サヴォイ 1981(2CDR)

1981年8月から始まったカンバック・ワールド・ツアー直前にニューヨーク、音楽の殿堂サヴォイ・シアターで急遽行われたシークレット・ギグを関係者しか聴く事が許されなかったA級サウンドボード音源で収録したてます。


ソニー・ロリンズ / パリ 1982(2CDR)

プラターズで有名な「煙が目にしみる」が演奏されており中盤からロリンズのテナー1本でのソロ・パートが聴きモノとなっています。プラターズで有名な「煙が目にしみる」が演奏されており中盤からロリンズのテナー1本でのソロ・パートが聴きモノとなっています。実力派バック・メンバーの演奏とロリンズの「歌」を存分にご堪能頂ける最高のライブです。




お問い合わせ